カンボジアからの技能実習生受け入れ

  • カンボジアからの技能実習生に期待されること

    • 現在日本ではカンボジアからの実習生の受け入れと言うものを行っています。

      これは国が推進する外国人技能実習生制度を利用したものであり、カンボジアなどの東南アジアの若者を日本の企業で雇用する形で技能実習を行うのが目的となっています。


      このような経験を通じて様々な産業技術を身に付けるのはもちろん、そのような活動の過程で日本人と日本の文化、日本の言葉についても慣れ親しんでもらうことを目的としています。この外国人技能実習生制度によって日本国内で働くことができる期間はあらかじめ定められています。

      カンボジアの実習生の情報収集ができます。

      早くて1年、長くて3年程度が一般的な滞在期間になります。



      その期間しっかりと働くことにより日本人と日本文化に深く慣れ親しんでもらうことも目的の1つとなっています。このような関係性を構築することにより、将来日本がより積極的にカンボジアに進出する際に、良きビジネスパートナーとして活動することを期待している部分があるといえます。このような良い恩恵は特定の企業だけではなく日本と言う国全体に対する良いイメージにつながる場合があると言えるでしょう。

      そのため国としてアジア地域に対する国際貢献活動としても非常に価値のある活動と位置付けられています。
      この様な活動は年々盛んに行われるようになってきており、今後の日本企業の海外への進出に対して追い風になる効果が期待されています。

      カンボジアはその様な国の一つに位置付けられているのです。