カンボジアからの技能実習生受け入れ

  • カンボジアからの実習生

    • 現在日本ではカンボジアからの実習生を受け入れている企業が少なくありません。

      カンボジアの実習生について紹介しています。

      これは日本が国として推進している外国人技能実習生制度を活用した活動の一環であり、カンボジアなどの東南アジアを中心とする地域の若者を日本企業に受け入れる形で行っている国際貢献活動の1つです。



      このような活動を通じて日本の産業技術を身に付けてもらうと同時に、日本の文化や腐臭、言葉などについてもしっかりと身に付けてもらうことを目的としている制度です。


      このような形でカンボジアから来日する外国人技能実習生は単なる外国人労働者として雇用することが目的であるわけではありません。


      1年から3年程度の期間が経過した後は母国に帰ることになるのですが、母国に戻った後で日本で経験したことや身に付けたことを活かしてもらうことを目的としているのです。

      学んだことをそのまま活かす人もいれば、間接的にしか生かすことができない人もいるといえますが、日本で日本人と一緒に生活した経験は様々な部分で今後の日本の海外進出に役立つと言えるでしょう。
      日本企業が海外に進出するにあたり、とても大切になるのは現地のビジネスパートナーです。

      日本の文化や風習、言葉を理解して現地の人をつないでくれる役割を果たしてくれるビジネスパートナーが必要とされています。



      そのような役割を担うことのできる人材をたくさん育成することが出来るのも外国人技能実習生制度の目的と魅力の1つであると言えるでしょう。