カンボジアからの技能実習生受け入れ

  • カンボジアから技能実習生を受け入れるメリット

    • 日本とカンボジアには深い結びつきがあり、同国では多くの人々が日本に対して良い感情を抱いています。

      お手軽にカンボジアの実習生のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

      同国と日本は1953年に正式な外交関係を結びましたが、1970年代から続いた内戦時代には断絶状態にありました。


      1993年に民主政権が誕生して内戦時代が終わります。

      1992年にはカンボジアの日本大使館が再開され、1994年にはカンボジア大使館が再開されています。

      1990年代から日本は同国に対して多額の経済援助を行うとともに、内戦時代に埋められた地雷の撤去作業などを行ってきました。現在では多くの若者が外国人技能実習生として日本を訪れています。外国人技能実習制度は発展途上国の若者を日本企業が受け入れて職業教育を行い、技能や知識を習得させる制度です。
      日本企業にとっては優秀な労働力を確保できるというメリットがあります。


      送り出し国も帰国した若者たちによって経済発展が促されます。



      外国人技能実習生たちは来日して最初の1年間で基礎的な技能を習得します。

      その後基礎的な技術試験を受けて合格すると、さらに2年間実習を続けることができます。


      実習期間の延長が認められた後は、技能の習熟を図ることになります。



      外国人技能実習生は現地の送り出し機関によって募集され、日本の監理団体によって企業に紹介されます。

      企業と雇用契約を結んだあとは、監理団体が実習の状況を確認し指導を行います。


      実習生たちは現地で厳選された優秀な人材です。

      受け入れる企業には、実習生たちを経営効率を向上させる戦力として期待できるというメリットがあります。