カンボジアからの技能実習生受け入れ

  • カンボジアからの技能実習生を雇用するには

    • カンボジアからの技能実習生を雇用する方法は大きく2つに分類できます。企業が一定の条件を満たして直接受け入れる方法では、送り出し機関から監理団体の仲介を経ずに技能実習生が紹介されます。
      一般的には監理団体の仲介を経て雇用する事例が多数派です。

      カンボジアの技能実習生の情報が欲しい方必見です。

      企業が直接雇用を行うと、技能実習生の選抜やビザの手配など様々な監理業務を自ら行う必要があります。

      一方監理団体を利用すれば技能実習のみに専念できるため手間を省くことができます。

      監理団体は技能実習が行われていることを確認して、必要な場合には指導を行います。技能実習生たちはカンボジアの送り出し機関によって募集されます。
      送り出し機関は基本的にカンボジア政府から認定を受けています。



      中には認定を受けていないものもありますが、政府から認定を受けて活動している団体から紹介を受け他方が後にトラブルは少なくなります。

      カンボジアの若者たちを実習生として受け入れる日本企業は国際貢献ができるだけでなく、雇用を安定させることができます。

      また来日する若者は現地の送り出し機関によって選別され、優秀な能力を有しています。



      実習生は経営効率を向上させる戦力として期待することができます。カンボジアと日本は友好関係にあります。

      同国の内戦が終了して以来、日本は多額の経済援助や地雷の撤去作業などの人的支援を行ってきました。

      現地の人々の対日感情も良好で、多くの日本企業が進出しています。
      技能実習生として同国の若者を雇用すれば、現地へ進出する際のノウハウを習得することもできます。